病気やケガ等の非常事態は得てして「寝耳に水」状態で発生したりするものです。適切な医療保険にきちんと加入しておきましょう。健康を願う心と頼りになる医療保険が「生涯現役」を支

医療保険ってなんだろう?〜健康不安の解決策〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

生涯現役を実現する二つの車輪

人はみんな誰でも、本来的にいつまでもずっと元気で生きていきたいと思うものです。
覚悟といったような大げさな意味合いではなく、ごくごく普通に生涯現役を自分の目標として設定している人も少なくないのではないでしょうか。
しかし、人間も生き物ですから、生きてゆくうちに、大なり小なり身体のあちらこちらに「非常事態」が発生します。
もちろん、一生これといった病気やケガを経験せず天寿を全うされる方もおられますが、そういった方はある意味稀なのではないでしょうか。
環境やストレスや生活習慣、そうした様々な事情から、知らず知らずのうちに身体に負担をかけてしまうのが、現代社会を生きる我々の「常態」と言っても過言ではないでしょう。
負担がかかり、それが許容量を超えた場合、我々自身の「いつまでも元気でいたい」という思惑とはうらはらに、自然と身体は悲鳴をあげるものです。
機械にたとえるのは適当ではないかも知れませんが、故障は避けられません。
そうなった場合、その悲鳴に対処すべく、適切な「身体のメンテナンス」が必要となってくるのです。
さて、メンテナンスのタイミングは突然です。
先に述べたように、知らず知らずの間にじわじわと圧し掛かる負担に身体は悲鳴をあげます。
そうなる前に負担を除去、あるいは軽減させることが出来れば病気等を回避することも出来るのでしょうが、なかなかそのコントロールは難しいものです。
得てして病気というものは、いわば「寝耳に水」のような状態のまま患ってしまったりするものなのです。
その際、当然それを治療するには額の大小はあるでしょうが治療費が発生します。
がんばってきた仕事からしばらく距離を置かねばならないという事態に陥ってしまうことも考えられるでしょう。
もしあなたに大切なパートナーや家族がいる場合、その家族やパートナーとの穏やかで何の不安も存在しない幸せな生活が、経済的な側面や精神的な側面により、今まで通りの「通常運転」から、わずかならばともかく、時に大きく逸脱してしまうということもありうるのです。
もちろん余計な不安や心配を煽るつもりなど一切ありません。
しかし、不安が現実のものとなってしまってからの軌道修正は非常に困難なものでもあると言えるでしょう。
ですから、そうした「非常事態」への普段からの適切な対応として、自分をメンテナンスする上で大いに活躍してくれるであろう信頼できる医療保険を見つけ出し、それにきちんと加入しておくことが大切だと思うのです。
健康を希求する心と、頼りになる医療保険、その両輪が真の意味で生涯現役を実現し、また支えてくれるものなのではないでしょうか。
Search


Pagelist
Copyright (C)2016医療保険ってなんだろう?〜健康不安の解決策〜.All rights reserved.